ゲートルーラー 総合ルール Ver. 1.0.0(最終更新:2020年12月25日)

第1章 ゲームの概要

 

1-1. 概要

 1-1a. この文書は、ゲートルーラーのルールの詳細を解説したものです。

 

1-2. プレイヤー人数

 1-2a. ゲートルーラーは2人のプレイヤーによる対戦カードゲームです。それ以外の人数による対戦は、現在の総合ルールでは対応していません。

 

1-3. 総合ルールの基礎用語

 1-3a. この総合ルールにおける‘ゲーム’とは、これ以降で規定する規則に従って進められ、最終的に勝敗をもって決着し終了する1回の対戦を指します。

 1-3b. この総合ルールにおける‘プレイヤー’とは、ゲームを実際に実行し対戦する人物を指します。

 1-3c. この総合ルールにおける‘カード’とは、このゲームで使用する各種の情報が書かれた特定のゲーム用具を指します。

 

1-4. ゲームの勝利条件

 1-4a. ゲーム中、敗北したプレイヤーはゲームから退場します。

 1-4b. 現在ゲームに残っているプレイヤーが1名のみである場合、そのプレイヤーはゲームに勝利し、ゲームは終了します。

  1-4b-1. ゲームに残っているプレイヤーがいない場合、ゲームは引き分けで終了します。

 1-4c. ゲーム中、プレイヤーは投了を宣言し、ゲームから退場することができます。

  1-4c-1. 投了は効果によって置換されず、効果によってプレイヤーに投了を求めるまたは投了が求められることはありません。

 

1-5. ゲームの原則

 1-5a. 総合ルールとカード上のテキストが示す行動が矛盾する場合、テキストの内容を優先します。

 1-5b. 何らかの行動を指示される場合において、指示された行動の一部が実行不能な場合、それ以外の実行可能な部分は実行します。

  1-5b-1. 行動を実行する際に個数や回数が指示されている場合、指示された個数や回数をすべて実行できないなら、可能な限りの個数や回数を実行します。

  1-5b-2. 行動を実行する際に個数や回数が指示されている場合、その個数や回数が0以下であったなら、その行動はまったく実行されません。

 1-5c. 何らかの事物が現在の状態と同一の状態になることを指示された場合、その指示によってその事物がその状態になったとはみなされません。

 1-5d. ルールや効果により何らかの行動を実行する指示が行われた際、同時にその行動を禁止する効果が存在していた場合、その行動は実行されません。

 1-5e. ゲーム中に数値の選択を求められた場合、0 以上の整数のみが選択できます。

 1-5f. ある事物が‘(条件)である’とは、その事物がその条件を満たす情報や状態を少なくとも1つ満たしていることを意味します。同様に、ある事物が‘(条件)でない’とは、その事物がその条件を満たす情報や状態をまったく持っていないことを意味します。

  例:あるユニットが‘大地’と‘ビースト’の両方の属性を持っている場合、このユニットはビーストの属性を持っていても‘大地である’という条件を満たし、大地という属性を持っていても‘ビーストでない’という条件は満たしません。

 1-5g. 何かの情報を求める際に、その情報自体が存在しない場合、それが数値であれば0、数値以外であれば情報が無いことが与えられます。

  例:あるプレイヤーの手札の枚数を求める必要がある状況で、そのプレイヤーが手札の存在しないルーラーを使っている場合、手札の枚数は0です。

  例:あるプレイヤーのエナジーカードの所属軍を求める必要がある場合、所属軍はありません。

PDFダウンロード

2021年3月25日更新

2021年3月25日更新

2020年12月25日更新

X